受け取ることができるお金に関して知っておこう

障害年金の申請方法

女性 うつ病で障害者年金制度に申請するのは、とても大変な作業です。自身の体調や環境によって、個人による申請が難しい場合があります。その場合は、社労士にお願いするなどして、負担を減らすようにして下さいね。自分にあった申請方法で年金を受給しましょう。

詳しく見る

メリットが大きい支援制度

看護師 うつ病になって仕事をするのも難しくなった時は、障害者年金の制度を利用するのも可能です。一定の金額を得られる制度なので使いやすく、安定した収入を得られるのでうつ病の治療に専念できるため評価されています。

詳しく見る

年金の種類

女性 うつ病でも生活が困難な場合は、障害者年金を受給できます。申請に添える診断書を医師が作成する際に、うつ病の症状が軽いと判断されて審査に通らないこともあります。困ったときは社会保険労務士に相談するのも一案です。

詳しく見る

障害者のための年金制度

悩む男性 突然うつ病になってしまい、休職せざる得ない状況になっても、障害者年金制度を活用すれば、生活保護を受けることができます。医師の診察や、保険料の支払い条件がありますが、障害を持っている方達の大きな助けになっています。

詳しく見る

基本的な仕組み

カウンセリング

どういうものか

障害者年金と聞くと、年金と付いているので高齢者だけしか利用できないものなのではないかと思われてしまうこともあります。しかしこの年金に関しては障害によって日常生活や仕事に支障をきたしてしまった人に対しての支援となっているので、仕事をしている人でも受けることはできます。もちろんうつ病もその対象として認められているので、申請すれば受給が認められる可能性は十分あります。実際にうつ病になった場合、簡単に治るのではなくどうしても時間がかかってしまうことも少なくありません。つまり、病気の間は収入が激減してしまう可能性もありますが、障害者年金を受け取ることができれば収入の足しにすることもできます。したがって、治療などによってなかなか仕事ができないという時でも、受給できれば治療に専念することだって決して不可能ではありません。つまり、うつ病になっても収入がないと生活できないからといって無理に仕事を続ける必要がないといえます。だから、障害者年金を受け取ることによって、治療に専念することができるというメリットもあるといえるのです。もちろんうつ病を発症していながら仕事をしているという人も、仕事が理由で受給を認められないということはないのも、この年金の大きな特徴です。
障害者年金はうつ病などの対象の疾患だと診断されれば自動的に受けることができるものではなく、事前に申請が必要です。また、申込をするためには色々な手続きが必要となり、さらに書類なども準備する必要が出てきます。申請すると決めたら、まずは病院にいつ初めて受診したのか、つまり初診日はいつなのかということを明らかにしなければなりません。うつ病の初診日によって請求する制度が変わり、受給権の発生にも大きな影響を及ぼしてしまうことになるからです。初診日が明らかになったら、次は診断書、受診状況等説明書、病歴・就労状況申立書を用意することになります。もしも昔のこと過ぎて初診に関する資料が見つからないという時は、第三者証明を利用することもできるようになっています。障害者年金に関して色々と必要な書類を用意することができたら、申請手続きを行うと、審査が開始され、だいたい3ヶ月から7ヶ月後くらいに裁定決定の通知が届きます。申請書類は年金事務所などで受け取ることができるようになっているので、どの書類を受けとるかということをしっかりと理解しておくべきです。また、配偶者や子供がいる場合は独身の時とはまた別の書類を事前に用意しなければならないので、その点にもなら注意しなければなりません。