受け取ることができるお金に関して知っておこう

年金の種類

女性

基準は比較的厳しい

うつ病のような精神障害でも、生活するのに困っている場合は、障害者年金を受給することが可能です。障害者年金は、障害基礎年金と障害厚生年金の2種類があります。現在加入している年金制度でなく、初診日の時点で加入していた年金制度に申請することになります。うつ病で初めて医療機関を受診した初診日に国民年金加入者だった場合は、障害基礎年金の対象です。主に自営業者やフリーター、主婦などが該当し、20歳未満の年金未加入時期に発病していた場合や、60歳以上65歳未満の人も、障害基礎年金で申請することが可能です。初診日にサラリーマンや社会保険に加入しているパートタイマーなどの厚生年金加入者だった場合は、障害基礎年金に障害厚生年金が加算されて支給されます。障害厚生年金は1級から3級までありますが、障害基礎年金は3級がありません。認定基準の目安は、1級が常時介護を必要とする重度の人、2級は日常生活に著しく制限が出ている中等度の人、3級は労働に制限を受けている軽度の人です。障害基礎年金の受給額は障害厚生年金と比べて低くなりますが、子どもがいると多少加算されて支給されます。子どもは高校卒業以前か、障害者等級1級もしくは2級の20歳未満の障害者が対象です。
うつ病のような精神障害は、身体障害に比べて目に見える症状が少ないために、障害者年金申請ができるかどうかは医師の考えに左右される可能性があります。1級のように介護が常時必要な人であれば診断は難しくありませんが、3級程度の症状は判断が難しいことが多々あります。申請したいけれども、医師が診断書を書いてくれないという人も少なくありません。中にはうつ病でなく、抑うつ神経症だから障害年金の対象とならないと医師に言われる人もいます。確かに神経症は障害年金の対象外であるものの、抑うつ神経症は気分(感情)障害のグループに属しており、神経症のグループとは異なります。したがって、うつ病と同様、受給対象者です。実は、障害者年金に対して深い知識を持っている医師は多くありません。困ったときは、社会保険労務士などの専門家に相談するのも一つの方法です。申請して障害が認定された場合、2ヶ月に1回まとめてお金が振り込まれます。障害者基礎年金は基本支給額に子の加算があるのみですが、障害厚生年金は給与額や勤務期間、配偶者の有無によって加算額が変わります。配偶者は事実婚の夫や妻も対象となるものの、一定額以上の収入がある場合は対象外となるため、注意が必要です。