受け取ることができるお金に関して知っておこう

障害年金の申請方法

女性

初めての方でもわかる障害年金申請方法

自分が生活を送る上で、障害のある病気や怪我を負ってしまった場合、障害者年金を受けとることができます。障害者年金と聞くと、65歳以上の方が受け取るイメージですが、若い方でも条件を満たせば、受給をすることができます。書類審査になるので、必要書類をまずは集めることが重要です。最初に症状が気になって行った、病院の初診日証明をもらいましょう。例えば、うつ病とはわからず初めて行った病院があるとします。その後別の病院でうつ病と診断された場合、うつ病と診断された病院の証明書ではなく、最初に行った病院の証明書が必要になるので注意が必要です。審査では、いつからその症状が出始めたのかを確認するので、このように最初の通院が重要になります。更に初診日から1年6ヵ月経過した時点で、障害がよくならなければ、その日を障害認定日とします。これは医師の診断書が必要になるのできちんと病院で取得しましょう。そして、初診日の前々月まで、年金保険料をきちんと納付していたかどうかの証明も必要になります。また初診日時点での加入年金(国民年金か厚生年金)かで支給額が異なるので、覚えておきましょう。書類に不備があると、審査が不可となる可能性があるので、必要書類をきちんと揃えておかなければいけません。
障害者年金の手続きは、自分でできるものなのか、気になる方もいるはずです。必要書類も多いので、調べたりしないとわからなかったりすることが多いです。申請に必要なものは、約10個もあります。年金裁定請求書、戸籍謄本と住民票、課税証明書、診断書、受給証明書、申立書、障害者手帳年金手帳、年金振り込みの金融機関の通帳のコピーなどです。この他にも障害内容に応じて必要な書類は増えたりします。ぱっと見ただけでは、わからない内容の書類もありますよね。障害者年金の申請は、年金事務所で行っています。また最寄りの市役所の福祉課でも相談が可能です。行政機関では、必要な書類は教えてくれますが、書類の提出は自身で行わなくてはいけません。うつ病を抱えた方が何度も足を運ぶのは、大きな負担になります。申請期間は早くて半年は時間を要するので、個人でやると更に時間がかかる恐れがあります、そのため、自分で書類を提出をするのが難しい方は、社会保険労務士にお願いをするのをおすすめします。本人に代わって申請の代行をしてくれます。障害認定基準を把握しており、うつ病がある依頼者のストレスなく対応してもらうことができます。社労士の案内は、最寄りの市役所の福祉課での紹介や、HPでも探すことができます。